So-net無料ブログ作成
ドイツの鉄道 ブログトップ
前の10件 | -

2018年5月2日 01 202 mit dem pacific nachtexpress ans 「dampfspektakel in trier」in Haßloch (Pfalz) [ドイツの鉄道]

dampfspektakel in trier の撮影も無事終わりましたが、01 202が引く列車は来た時と同じ様にスイスのLyssに戻ります。1日の夜出てNeustadt an der Weinstraßeで一泊してLyssに戻るので途中で撮影する事にしました。
Haßloch (Pfalz)の近くです、ここも2014年のNeustadt an der Weinstraßeでのdampfspektakel で撮影した場所です。朝早く時間があまりなかったので構えてゆっくりする余裕もなく列車がやって来ました。それに早いし、ちょっと忙しい撮影になってしまいました。でも良かった!

0D4A4986.jpg

0D4A4993.jpg

この後もBasel方面に向かったのですが撮影地探しに手間取っている間に目の前を行ってしまいました。(それがきれいだったのです、逃した魚は大きいです。目に焼き付けてまた次回のお楽しみ!)
これで「dampfspektakel in trier」の撮影は本当に無事終わりました。
旅は続くのですがちょっとインターバルを入れてドイツ撮影行第二部に続きます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年5月1日 Dampfspektakel in Trier Daufenbach 78 468 [ドイツの鉄道]

とうとう Dampfspektakel in Trier も最後の撮影です。
Kordelから一つGerolstein側に行ったDaufenbach駅の先で 78 468の引く列車を撮影する事にしました。下見の時行かずじまいになって気にはなっていたのですが最後に行って見る事に、駅でちょうど撮影を終えて列車でTrierに向かう日本の方にお会いして撮影地を伺いながらこの場所へ。
きれいな白煙を上げながらやって来る78形を撮影する事が出来ました。

0D4A4951.jpg

0D4A4961.jpg

列車の後ろ姿を見ながら最後の撮影を終えました。

0D4A4980.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年5月1日 Dampfspektakel in Trier Kanzem 01 1075 [ドイツの鉄道]

03 1010を撮影した後、一時間程で 01 1075の引く列車が通過していくとこになっています。今回は4人で行動していたのですが、内二人は前から撮影して見たいと言う場所に移動、私は、この場所が好きなのでちょっと移動しただけで列車を待つ事にしました。
その間に数本の列車がやって来ました。

DB Schenker RailのBR189の引く重連の貨物列車、真っすぐ伸びた直線の後ろまで続いています。
貨物列車です(笑)
0D4A4911.jpg

朝見たSÜWEX(サウスウェスト・エクスプレス)のBR429です。
0D4A4919.jpg

多分一番見慣れたBR425です。と言うか普段あまり電車の形式気にしてなかったのですがBR429を調べていたらちょっと面白くなって来ました。(でもそんなに調べられないですね、ドイツ語もっと勉強しないと)
0D4A4924.jpg

そして本命の 01 1075の引く列車、いつものパターンの撮影です。
0D4A4930.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年5月1日 Dampfspektakel in Trier Kanzem 03 1010 [ドイツの鉄道]

Kordelで無事 01 202を撮影した後は朝Saarbrückenに向かった 03 1010の引く列車が帰ってくるのでまたKanzemに戻って撮影する事に、今回は上からでなく2010年に立った辺りからと思っていたのですが、もう少し線路に近づく事が出来そうでしたので思い切って近づいて見ました。
この場所からの撮影は、いつものくまくんの撮影パターンなので何か落ち着いて撮ることが出来た気がしています。

0D4A4904.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年5月1日 Dampfspektakel in Trier Kordel 01 202 [ドイツの鉄道]

52 8195の引く列車を撮影した後も同じ場所で今度は01 202の引く列車を撮影することにしました。
と言うかこれが本命です。(BR52が嫌だととは言っていませんので)
本当は、線路の反対側に戻ろうかなとも思ったのですが、きれいなインカーブでお城を入れて撮影したいなと思ったので同じ側で位置を変えて撮影することにしました。お城小さくなってしまいましたがそれらしく撮れたかなと満足しています。

0D4A4893.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年5月1日 Dampfspektakel in Trier Kordel 52 8195 [ドイツの鉄道]

何時ものくまくんがドイツに来ても変わらず出てしまい、また同じ場所Kordelの撮影地に向かいました。
でも今回は少しだけ違います、線路の反対側に入りました。(同じじゃないかってある意味その通りです)
もちろん全然違った景色になりました。まずはちょっと遠景ですがドイツの御同朋の後ろ姿から、なにやら良い感じです。

0D4A4863.jpg

そして列車の前奥にお城らしきものが、前回反対側から見ていると絶対に見えないのですが、たまには反対側からも見て見るものですね。ここには「Burg Ramstein」というホテルがあるとGoogleMapには載っているのですがBurgは城という意味なので多分Ramsteinというお城なのでしょうか?(ほんと調べてもわからない事ばかりです。)
でも 52 8195はきれいな白煙を引きながらやって来てくれました。

0D4A4872.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年5月1日 Dampfspektakel in Trier Kanzem~Wiltingen(Saar) 03 1010 [ドイツの鉄道]

前日の悪天候を一掃するような良いお天気で始まったDampfspektakel の最終日です。
前日2回も撮影した場所ですが何か気に入らなくてこの日も挑戦して見ました。
まずはBR429から、いつもの赤い列車と違って白を基調にした色で、詳しいことはわからないのですが、既存のラインランド・プファルツ州とザールランド州の地域鉄道輸送機関とバーデンの一部の輸送機関に代わって、SÜWEX(サウスウェスト・エクスプレス)が2014年から地域の運行を行っているようです。(もう少し詳しく調べてまた載せる事にします。)

0D4A4837.jpg

少し客車に煙がかかりましたが、良い感じにやっとなってくれました。
0D4A4848.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年4月30日 Dampfspektakel in Trier TrierHbf [ドイツの鉄道]

あまりにもひどい雨で着ている物がグッショリで宿に帰らないと風邪をひきそうだと意見が一致しとりあえず宿に帰って着替えをしたのですがやはりまだ列車はあるので今回行っていないTrierHbfに行くことになりました。
Dampfspektakelも夕方になると列車が帰って来ます、これも楽しみです。

まず01 202が引き上げて行く一コマ。
0D4A4779.jpg

Kobienzを往復した103 113-7の引くTEEラインゴルトが帰って来ました。
0D4A4783.jpg

さっき雨の中で撮影した01 1075の引く列車も帰って来ました。
0D4A4800.jpg

0D4A4826.jpg

BR110の引く列車も到着、その後出発して行きました。
0D4A4828.jpg

0D4A4835.jpg

この後もまた雨がひどくなり駅でしばらく雨宿りしてから宿に帰りました。ちょっと(だいぶかな)大変な1日の撮影がなんとか無事に終わりました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年4月30日 Dampfspektakel in Trier Kanzem 110 278-9 nach dem Regen [ドイツの鉄道]

スコールのような風雨でびっしょりになってしまいましたが、線路側まで降りて来る間の数分で雨は上がり、今のは何だったんだろうと思いながら車に向かっていると、Dampfspektakel の時刻では何も特別な列車はないはずなのに、皆さんSaarbrücken方向にカメラを向けています、まあ何か来るならばとカメラを構えていると電気機関車牽引の列車がやって来ました。

0D4A4778.jpg

電気機関車は110型で1952年に初めてドイツ連邦鉄道のために作られた急行列車用の電気機関車です。(wikipediaより)

この列車の案内をなんとかネットで見つけたのですがどうも当初は「Mit der E94, die auch als »Deutsches Krokodil«」とありますのでE94(ドイツのクロコダイルと呼ばれている)が牽引する予定だったようです。
間違っていたらいけないので、それに、もともとドイツ語が出来ないくまくんですので、一応列車の案内をアップしておきます。(間違っていたら教えて下さい。)
2018_mai_dnv.jpg

2018_mai_dnv2.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年4月30日 Dampfspektakel in Trier Kanzem 01 1075 im Regen [ドイツの鉄道]

Serrigで撮影の後はKanzemで撮影することにしました。
朝はKanzemとWiltingen(Saar)の間の川が見える撮影地でしたが今回は葡萄畑からKanzemの駅を見下ろす場所から、ここは2010年の時も撮影していますが、思ったところまで煙が続かず今回もそうかなと思って同行のメンバーが行った時も違う場所で撮影していました、ところが今回の写真を見せてもらったら良い煙でやって来てるではないですか、それならばと撮影する気満々で2010年とあまり違わない場所にカメラを構えました。
この日は何回か雨にやられていましたので少しはしょうがないかと思いながら一枚目の電車を(試し撮りのつもり、まだ雨は降っても少しでした)撮影、この頃から画面右奥の方にちょっと黒い雲と雲の下が霞んでいるように見え嫌な予感がしていたのですが、「雨雲がくる前に列車さん来て下さいね」と心の中で神頼みをして(この場合どの神様かはお返事し兼ねます、想像して下さいね。)いたのですが、撮影あるあるで列車が来るのと同時に強い雨と風がやって来てくれちゃいました。それでも撮らなくちゃという気ばかりで撮影しました。
この時に雨風は傘をさすことも出来ないほどでしっかりパンツ(表現悪いですが)までぐっしょりになってしまいました。

0D4A4741.jpg

0D4A4752.jpg

0D4A4758.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - ドイツの鉄道 ブログトップ